千葉のデリヘル嬢としてしっかり稼ぐ方法

千葉のデリヘルで働くことを決意すると言うことは「お金を稼ぎたい」と同義語と言って差し支えないですが誰もが稼げるものでなく強かな戦略も必要となるのです

*

市川で人気のデリヘル嬢になるちょっとしたコツ

ぶっちゃけると「フーゾク嬢にでもなって“楽(らく)して”稼ごうかな」そんな風に考えているなら止めておいたほうがいい。
どんな仕事でもそうだが「楽してお金を稼ぐ」ということは“楽(らく)”なことではない。「楽してお金が稼げる」システムを構築するために、膨大な努力や能力を費やして、それが実った見返りとして「楽してお金を稼げている」だけにほかならないのだから。
もし市川のデリヘルで働く女の子たち全員が「楽して稼げる」のならこの業界で働こうと考える女の子はもっと多くなっているだろうし、それに比例して店舗やキャストが増え、結局過当競争というパイの奪い合いが起こり、逆に稼ぐことすら困難になってしまうだろう。
大した理由もなく安易に性風俗で働こうと貴女が思っているなら「止めたほうがいい」。それでも考えて市川の「デリヘルで働くことによって将来的に被るであろう心身のダメージや後悔」と「現状、どうしてもお金が必要な理由」を天秤に掛け、リスクを覚悟のうえで「お金が必要な理由」に傾くのであれば止めることはできない。表面から見えている以上にこの業界には、精神的に負うリスクや傷がかなり深いところにまで到達しているということも十分あり、今後の人生を考えても軽はずみに入店を決めるものでは無いのかもしれないと考えるからである。しかし、それでもどうしても見てみたい、体験してみたい、働いてみたいと思うのであれば僕はぜひ「お店の“人気嬢”となって稼ぎ」、「効率よく目標に到達」「早くギョーカイからあがる」、そんな道を選んでもらえたら良いと思う。
実際のところ、体力的な消耗も激しい為連日の出勤は難しく、加えて様々なことから自分の心をも蝕まれることもあるため決して楽な仕事内容ではないのであります。そして性感染症などのリスクなどもしっかりと学び、知識を得た上で働くことが望ましいのでは無いでしょうか。
市川でも生粋のデリヘルユーザーであり、風俗関係の元情報誌編集者で風俗店の電話番を経験していたこともあるという変わった経歴のある僕が「客の視点」、「取材する側の視点」、「店スタッフの視点」、三者それぞれの観点から「人気キャストになる方法」を考察していきたいと思う。

・キャストとしての心構え
・男たちが女性に求めるもの
・フーゾク嬢としての自己プロデュース
・人気嬢のテクニック

個人的には以上の項目をクリアすることで人気に一歩近づけるのではないかと思っているのです。これらの項目について僕の体験を踏まえて説明していきたいと思います。もちろん4つの項目をすべてを実践したからといって必ずしも“市川の人気デリヘル嬢”になれるという“必要十分条件”ではないことはご理解いただきたい。
しかし、もし貴女自身が自分のことを「ブスでスタイルも良くない」という自覚がありながら、それでもこの性風俗業界で働く選択をするのであれば、上記のような項目を実践していけば、貴女をリピートしてくれるお客さんが少しずつではあっても確実に増えると断言する。
最後に、早く貴女の望む目標に到達し、市川でもデリヘル嬢からあがれることを僕は望んでいる。
とはいっても利用する側からすれば人気もでた女の子がいつの間にかいなくなっているのは少々物悲しい気持ちにもなるというのが正直なところではあります。しかし幸せをつかんだのであれば、僕もうれしい限りです。市川でも贔屓にしているデリヘルで立派に卒業したのだと思うとなぜか父親にでもなった気分にすらなるものだ。
そして次のダイヤの原石となる子を漁りにいくのです。少々私情も交えつつお送りしたいと思います。
現役のAV女優なども働いていたりもしますので先輩方の姿を見てみるのも悪く無いかと思います。かなり失礼を承知で発言するのであれば、なんでここで働いているの!?と思うほどに美しい子が在籍していることもリアルにあります。わざわざこの店じゃなくてもよかったんじゃないか、なんて本気で救い出したくなるほど可憐で美しい女性たちが思いの外たくさんいるのです。
同性から見ても美しい市川のデリヘルには愛くるしい笑顔と積極的なプレイが魅力という自慢の女性が看板を背負って働いているのです。これには正直、男がクラッと目眩がするほど美しくもあり、同性の女性から見ても絶対の自信を持って綺麗だと思える子たちがこうも集まっていることが不思議なほどです。
人気のあるキャストはやはりメディアへの露出が可能な子が優先されてしまうものの、顔を出さなくともしっかりと稼ぐことは可能です。どの店のランキングを見ても、必ず顔にボカシが入っているタイプの女の子の姿もちらほら見えていることからもわかる通り、絶対では無いのですね。
身バレを防ぐという意味でもこのボカシを取るということは店側からは強制できないだけに、貴女が希望している限りはそれが勝手に取られることはありません。この辺りのプライバシーはかなり尊重されていると思っていいと思います。
そうです、意を決して業界に入ったのはいいもののやはり周囲の人たちにバレるということは絶対に避けたいと思うものです。普通のデリヘル店であれば全く問題なく、バレないような配慮をしてくれたり、協力を惜しまずフォローもしっかりとしてくれます。
ホームページに掲載される写真ひとつにしても市川のデリヘル店はさまざまな配慮がなされています。顔にかけるボカシの範囲はキャストとなる貴女の希望を必ず尊重してくれるので、顔全体にかけることはもちろん、鼻だけや口元だけ、目だけといった具合に調整することもできるのです。
また自分の体の中で気になっているホクロやアザ、傷、人とは違った特徴のある部分を隠したり消したりするといったことは簡単にしてくれます。刺青やファッションタトゥーがポイントで入っていようと、そんなことは写真場では一瞬で消し去ってくれるのです。広範囲になると少し時間はかかるものの消してくれたり、そもそも撮影するときには見えないような角度から撮るということもしてくれます。
髪型が個性的なのであれば、写真撮影の時だけウィッグをかぶるといった対策をしてもいいですね。下着に関しても同様で、同棲している彼氏や旦那にはバレたく無いのであれば、仕事専用の下着を用意するという徹底ぶりがあっても悪く無いことです。むしろそれくらいの配慮があったほうが、仕事としてちゃんと割り切ることができるというものです。中には出勤してきてから待機所で服から下着まで全てを着替えるというキャストもいるくらいですから。それだけプライベートとの切り替えは大切であり、個人でその差は違ってくるものになります。
最近多いのが特徴的なネイルアートを施している時です。女の身だしなみの一つでもあるネイルのケアは付け爪であれば撮影時には取る、もしくは仕事用のものに付け替えるということで回避できますが、ジェルネイルなど自爪に直接つけている場合は隠すしか方法がありません。撮影時にはこういったところにも配慮が必要なんですね。もっとも、性サービスをする時にスカルプ系の長いネイルをしていれば邪魔になる上にお客である男性の体を傷つけてしまう恐れがある為外したほうが無難だと言えます。
やりすぎだと思うかもしれませんが、こうしてお客様のことを考えながら写真一つとってもバカにせず真剣に取り組める女性こそ、人気を勝とれる第一歩なのかもしれません。

公開日:
最終更新日:2016/07/26